金スマで言っていた高血圧を下げる方法は

生活習慣病のひとつであります高血圧はその生活を少し変えるだけで血圧が改善されるというのは誰もが知りたい事です。それをテレビの番組の金スマで放送されました。
方法は、ふくらはぎを揉めば中高年の人の多くが気にしている高血圧が改善されるということです。食生活などを一切変えることなく1日にたった5分間マッサージするだけでいいのだそうです。実際に実践した芸能人の数値も下がっていました。その中でも驚きだったのは最高血圧が140以上だったのが120代まで下がったのです。本当にふくらはぎを揉むことだけで高血圧が改善されることが実証されたのです。なぜふくらはぎを揉むだけで血圧が低下するのかというと、人間お血液の70%が重力の影響で下半身に溜まっているとのことです。血液は本来心臓から体全体に行き渡るようになっています。しかし、下半身の血液を上半身に送ることは大変で血圧を上げてそれをするのです。高血圧になるのは下半身の血流が良くなくて上手に上半身に血液を送れなくなるからとのことです。それで、下半身の血流を良くして血圧を上げないようにするのです。ふくらはぎを揉むことで血液がしっかり上半身にいくのです。そうして高血圧の改善につながっていくとのことです。ふくらはぎは最近第2の心臓やと呼ばれているのです。
金スマでは他に血圧を下げる食べ物やツボも紹介されていました。血圧を下げる効果がある食べ物は味噌、キウイ、アボカドです。それぞれが血管を柔らかくしてくれて血流がよくなったり、持っている成分で塩分排出をしてくれるのです。そのほかに金スマで言っていた方法は手の親指と人差し指の付け根の間のくぼんでいる部分を押すと血行が良くなると言っていました。いろいろな方法があるのですが、運動不足も解消でき、ふくらはぎを動かすウオーキングを進めています。